はじめに

恵まれた自然環境と優位な地理条件を有する地に位置し、江蘇斯江地域で一番大きな都市であり、杭州は昔からずっと繁華である。杭州は、中国七大古都のーっとして、深い人文歴史と美しい西湖自然及び人文景観を有し、古来から「人間天堂」という美称がある。今から5000年前、「文明の曙光j と称された良渚文化はこの地域にきらびやかな文明を作った。イタリアの旅行家であるマルコボーロ(1254-1324) も彼の旅行記に、この都市を「... [詳細]

文物収蔵ー金石の保存、印学及び書画の研究
朝倉文夫と呉昌碩銅像

朝倉文夫(1883田1964)、日本の有名な彫刻家であり、日本芸術院初代院長を務めたことがあり、彼本人も呉昌碩芸術の敏慕者である。1921年、朝倉文夫は2鹿の上半身銅像を彫刻し、一つは日本に残し、もう一つは他人に依頼して中国に連れされ呉昌碩... [詳細]

印社所在地の景観
西泠印杜庭園は西湖の景勝地、孤山の奇秀のところにあって、地理位置が非常に優れていて、配置が非常に精巧で、十分に「小の中から大を見えるJ、「先抑後揚Jという伝統的な庭園作り手法を利用し、一放一収の配置を構成し、西湖の湖山勝景とよく対応している。まさに『八百里湖山勝景が今の絵を形成し、三千年金石がここの印章を生み出すj の通りだ。